読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神保がことり

入れ歯や差し歯に換る技術として注目されているインプラント



その義歯には、さまざまな形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。熟練の技術に加え、審美性をもとめる芸術センスをもち合わせていなければなりません。当然、一つ一つの義歯の制作には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。



保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
ペットに癒され続けている毎日のこと



手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。


チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行ない、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用がつづくことを期待できるでしょう。

一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてちょうだい。
地域によってすごく料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
歯科医院決定に大切なのはインプラント治療をうけた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療をうけやすくしています。
みなさんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。


現実には、治療費といっても歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。



インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大聴く歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯を造り、クラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の換りに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。



歯科治療はすべて同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いというワケにはいかず、不断のケアがもとめられます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的にうけ、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。


人工物のインプラントでも、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もさまざまな点で、失敗が起きる可能性があります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れがつづくといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。



失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてちょうだい。